投資の強制決済期限をキャッシングで乗り越える

副収入として投資で資産の一部を運用していたら年に一度レベルの大荒れで相場が急落したため含み損が一気に増えてしまい、次の日の指定時間までにお金を用意できないと建玉を強制決済されることになったので、切られたくない一心でやむを得ずキャッシングを使い一時的に建玉を支えたことがあります。

私の場合は翌日までに入金しておけば持ちこたえられそうだったから、近くにあるキャッシングの自動契約機を探して無利息のところを選び、すぐ借りられそうだったので即お店に向かいました。
借金の金利が”複利”であるということの意味 | 借金の審査内容について知りたい・審査を通過したい


そのおかげで現金が手に入り建玉が切られる前に入金できたので難を逃れ、その後は安定ラインまで相場が戻ったから耐える必要はなくなり入金分をすぐ出金して何事もなく投資が続行できたので、キャッシングでとっさに資金を補助できて良かったと思います。

このページの先頭へ